簡単CDスタンド

プレイ中の1枚を置くためのCDスタンドです。
やっぱり超簡単木工ですが、案外存在感があります。
でも、こんなに沢山作ってもしょうがないなあ〜(^.^;


簡単CDスタンド

   これは以前からよく作っていて、友達にあげたり、おまけにしたり、チョット人気の(私の押し付けで、自己満足ですが・・・)、プレイ中の1枚を置くための簡単CDスタンドです。

   作る時はまとめて作って、スグ人にあげてしまいます。「私も欲しいなあ〜。」と言われていたのですが、スグ出来ると思うと、これがかえってなかなか作らないのです。(って、私がズーソーなだけですが・・・汗)

   これも製作時間を言うのが恥ずかしいような簡単木工です。1個アッ時間、大量に作ると(同時に2個切り抜くと)エッ分です。

   材は手前からブビンガ、タモ、エンジュです。
   ブビンガは始めてですが、重硬ないい材ですね。しかし、どなたかが言われていたように、ホントにウ〇〇の匂いです(笑)。

のほほん

簡単CDスタンドです。ほんの少し後ろに傾けています。

手前からチーク・ゼブラウッド・アサメラ・メープルです。
CDスタンド2

   しつこくCDスタンドです。作り出すと止まらない、というヘンな癖があるのです。(汗)

   手軽に作れて、材の違いを楽しめて、ちょっと受けると・・・もう止まらないのです。ホントに困った性格です。一体何個作るつもりでしょう。(ウウ自分でも分かりません)
   デザインを考え、こんなのもいいんじゃないかなあ〜(と言ってもパソコンで色々な字体が出せるので簡単です)と考えると、もう続々生産モードです。

   色々な材で作って楽しんでますが、ウ〇〇臭の強・中・弱はブビンガ・タモ・チークですね。チークは機械油の匂いと言いますが、私にはウ〇〇混じりの機械油?の匂いに感じるのですが・・・ハハ(^.^;

   他に面白い匂いの材があるでしょうか?教えて下さ〜い。

のほほん
CDスタンド3

   CDスタンドまだまだ増殖中!

   「エッ!まあ〜だ作ってんの。そんなに作ってどうするつもりよ!」と、妻も呆れ顔です。
   せっかく、宿題製作体制に入ったのに早くも横道に・・(汗)。まあいつもの事なので、妻はそれ以上言う気力にならないみたいです。
   ウムやはり「理解は諦めからはじまる!」なのだ(笑)。

   文字ばっかりでは面白くないので、チョットしゃれてみました。もっと良いデザインにしたいのですが、しかしこれは絵心がないと難しいです。
   ラッパは切り抜いただけで分かりますが、ギターとバイオリンは分かりにくいので、彫刻刀で少し線を彫りました、これも難しい・・・本格的な木彫が出来たら素敵でしょうね。

   まだ終わりではありませんよ。

のほほん

材は左からナラ、パドック、パイン(ウオルナットのステインを塗っています)です。

カリンとブラックウオルナットです。
チェロ弾きも作って見ましたが、デザインがいま一つだな〜
左2枚組CDの場合、右1枚の場合。
2枚組みCDスタンド

   飽きもせず、次々CDスタンド増産中!!
   もう宿題は完全にほったらかしです(^.^;ホントに困ったものだ・・・(汗)

   クラシック、特にオペラのCDは2〜3枚組のCDが多いのです。これを立てられるCDスタンドを作りました。もちろん1枚のものも立てられます。
   横から見たら仕組みは直ぐ分かりますね。これも簡単です。

   エッ!CDチェンジャー用に、5枚並べられるCDスタンドを作れって?!(いやいや、私の幻聴です。誰もそんな事言ってませんね。笑)

   匂いで一番いいなあ〜、と思うのはカリンです。少し甘みのある、そして気品を感じる芳香です。いい香りのある材を使うと、工作中も幸せな気分になっちゃいます。

   まだまだCDスタンド続くゾ!

のほほん
シンプルCDスタンド

   色々作っていますが、スッキリしてシンプルなCDスタンドが良いのではないかなあ、と思って作ってみました。

   な何と!ただ角材を切って、CDの入る溝を作っただけです。しかしあまりに芸がないので、チョット磨いたものも作りました。恥ずかしくなるほど超簡単です。

   メカニックなオーディオ装置の上には、こんなシンプルなCDスタンドの方が似合いそうです。良材の力です、下手な小細工より格調がありますね。
   いい材を使う程シンプルなデザインが似合うのではないかなあ。

   一番美しいのが、一番簡単だったりして・・(^.^;

のほほん

左モアビと右ウオルナットは、ほとんど角材を切っただけ。
真ん中もウオルナットですが、白太と赤身の境界で木目が綺麗なのでチョット面を取り、磨きました。

簡単すぎて恥ずかしい(^.^) 材はこれもやっぱり桜です。
自然木CDスタンド

   やっぱり出たか!と皆さん思っていますね(笑)

   そうです、やっぱり作ちゃいました(汗)予想通りのコースでしょ。笑って見て下さ〜い。

   CDスタンドはフォトスタンドの類(たぐい)ですから、、多用なフォトスタンドを参考にして色々作れます。
   しかしフォトスタンドの様にガラス板や枠などは必要なく、もっと簡単に支えられるので、より自由な発想で色々作れて面白いですよ。

   これもホントに超簡単です。左は枝を半割りして溝を彫っただけ。右は枝を立てただけ。こんなので作ったと言えるのかな(^.^;

   豊かな発想力があれば、自然木CDスタンドも素敵な面白い物が色々出来るでしょうねえ。
   流木CDスタンドなども面白いのではないかなあ。**さ〜んお願いしま〜す\(^O^)/

のほほん
CDスタンドプラス

   次から次へと、山のようにCDスタンドばかり量産して、現在なんと19個!。家族の皆様から完全に呆れられております。
   家にあるCDプレイヤー・ラジカセは3台ですから、CDスタンドは3つあればモウ十分なのです(^.^;

   そこでこの状況を打破する為に・・チョット考えました。
   右の画像にマウスを載せて下さい。

   そうです!、CDスタンドをフォトスタンドとして使える様にすればイイノダ!!!!(^o^)
これならいくつ作っても文句は出ないでしょう(かな?)

   今までのCDスタンドも、ちょっとした工夫でフォトスタンドとして使う事が出来ます。ここをクリックしてみて下さい。

   これでさらにCDスタンドを作る事が出来るかなあ(笑)

のほほん

ウオルナットのシンプルCDスタンド。
CDのジャケット部分が隠れない様に、左側だけ溝を掘りCDをそこに差し込んで支えます。
さらにオンマウスで・・・

材はポプラです。

糸鋸で穴を開けただけ。

5連装CDスタンド

   まさか作って欲しいと頼まれるとは思っていなかったのですが、我が家の**息子(高3)が5連装CDスタンドを作って欲しいと言うのです。これぞ渡りに船。すぐ作りました。
   **息子の部屋にあるCDプレイヤーは、5連装のCDチェンジャーです。本当は私が使っていたオーディオセットなのですが、息子に横取りされてしまったものです。お陰で私は激安(5000円もしなかった)CDラジカセで音楽を聴いています。まあ粉塵まみれの工房で聞くので、仕方ないですね。

   最前列の1枚はいいですが、残りの4枚は分かりにくいですね・・・

のほほん
5連装CDスタンド2

   さてまた5連装CDスタンドですが、やっぱり超手抜き木工です(^.^;
   残りの4枚のCDが見にくい、という事でもっと見やすくしてみました。
   半分見えれば、何のCDかわかるでしょう。でも横幅が50cmにもなってしまいました。

   これでは置く場所がないかなあ〜・・・

のほほん

材はレッドオークです。

これも糸鋸で抜いただけの超簡単(^.^)

今度はCDフレーム、これはパイン材です。
CDフレーム

   しつこいとお思いでしょうが(^.^)
今度はCDフレームにしてみました。

   「どうどう?こんなデザインは?」と妻に聞いたのですが・・・・
呆れ顔で「・・・・」でした・・・ウウウ
   もう笑って見て下さるのは、全国におられる私と同じ木工**の皆様だけなのかしらん??(一緒にしてスミマセン)

   これはスタンドではないのですが、やはりプレイ中の1枚を入れるCDフレームです。CDが裏側にピッタリ納まるように掘り込んでいます。

   演奏中の1枚を入れる為のCDフレームとなると、これはもう普通の額とほとんど同じ感じになってしまいますね。

   これも予想どうりでしょうか(笑)

のほほん
CDフレーム2

   さてやっぱりCDフレームです。

   額にして、裏からCDを着脱させるのはやはり面倒です。前面から出し入れ出来る様にした方が良いかなあ?と思って作ってみました。
   CDをつまむための指が入る隙間を左右に作りました。また下側を少し持ち上げてCDが落ちない様にしています。

   もうそろそろ終わりにしてして宿題に戻らないといけません。もう1ヶ月以上脱線して遊んでしまいました。

のほほん

パイン材にウオルナットのオイルステインを塗っています。
文字はブナの薄板を切り抜いて貼り付けました。

指揮姿は分かりますが、ハープ演奏の姿は分かりますか?
もう一つは一体何?材はブラックウオルナットとカリンです。
宿題CDスタンド(2006年12月)

  さて、やっと宿題を一つ済ませました。
  こんな簡単な宿題に、何と半年近くかかってしまいました。フ〜何とか年内に出来て一応ホッ。

  全ては木目虫のせいなのです!私の脳みそに巣くい、宿題なんか放っといて木目虫を作れ作れ!と命令するのです。
  さらに遅くなったのは糸鋸が故障し、その修理そして調整をくり返していたからなのです。と機械のせいにして

  何と、モーターを固定していたボルトが折れたのです。もう購入してから10年近く経つので、金属疲労でしょうか?ボルトは何とか交換したのですが、どうも調子が悪く調整を繰り返していたのです。でも全快にはなりません。

のほほん
まちがい探し?

  どれも同じ姿?・・・でもビミョーに違うのです。

  宿題として作った指揮者姿のCDスタンドですが、どんな指揮姿が格好良いのかと考えながら、次々作ってしまいました。
  のほほん木工房は作る前に考えるのではなく、作りながら考えるのです。(笑)

  でも結局どれが一番格好良く決まっているのか分からないまま・・

  さらに色々な指揮姿を作りたいと思っているのです。

のほほん

まるで間違い探しみたい。指揮姿も微妙に違うのが分かりますか(笑)
材はブラックウオルナット、パドウク、センダンです。

これ、何か分かりますか?初音ミクですよ。キャ〜かわいい!・・・って、木工オヤジには縁のない存在かも

初音ミクCDスタンド


     展示会に向けて頑張らねばならないのに(2012 10 3)、またチョイ脱線です。
オイオイ、そんな事やってて良いのか!

  糸鋸で看板の文字作りをしましたが、つい横道にそれてしまうのです。で、久しぶりにCDスタンドを作ってみました。
題材は初音ミク!!わぁお!・・「それ何?」なんて言わないで下さいよ。
  深夜は相変わらず歌詞職人をして遊んでいますが、妻の呆れ顔、いやあきらめ顔もだいぶ見慣れてきました・・・「何事も理解は諦めからはじまる。」なんて妻に言ったら怒られそうですが

  最初の頃、初音ミクなどの人工音声は、かなり違和感があって「やはり人声の方が魅力的だ!」と思っていました。しかし、ボカロ曲を沢山聴くうちに、最近は初音ミクをはじめ、リン、レン、GUMI、さらにはIA、猫村イロハ、(知ってますか?笑)など、色々なボーカロイドの声にも、魅力を感じるのです。それだけ、この世界にはまって聴いているからでしょうね。
  とりわけ初音ミクは、キャラクターとしてもとっても大きな魅力を感じます。この初音ミクは、今まで無かった音楽分野を開拓し、ボーカイロド楽曲の象徴として、プロからアマチュアまで巻き込んで、これからますます多くの世代に、そして世界へも広がって行くのではないか、と感じています。なにせ、こんなオヤジがはまっちゃうのですから(笑)
って、木工オヤジには理解できない話?でスミマセン

のほほん
ヘンテココンパス(ぶんまわし)作りへ

ホームへ
inserted by FC2 system