木工日誌 2017年1月〜

5月20・21(土日)行橋赤レンガ館で「趣味の木工&写真 二人展」
をしますお近くの方は遊びに来て下さ〜い

装飾の入った蓄音機ラッパ我慢できず落札しちゃいました^^:!


上の画像をクリックして動画を見て下さい。
音楽は毎度黄月るなさんが歌う格好いいジャス系ボカロ「ピアノxフォルテxスキャンダル」(OSTER_project)です。どうぞ元の歌を聴いて下さい。

4月11日
ラッパ付きiphoneスタンド17(蓄音機金色ラッパ3)


   初めてTVに出ましたが、福岡県のローカル放送で、朝の忙しい時間帯にわずか3分半の放送だったので、そんなに見ていないだろうと思っていたら・・・友人・知人・お隣さん、さらには新聞集金の人からも「見ましたよ」言われてビックリ!してしまいました(汗)

   「木工やってるんだね。」「何あれ?笑ったよ」「展示会見に行くよ。」さらには「退職してたんだ。」まで 等々・・・あちこちから声をかけられ、やはりTVの力は大きい!多くの人に見てもらって、とっても刺激になりました。

   でもでも、TVでも音の違いは十分伝わっていないと思いました。短時間の放送だったので糸鋸巨大ラッパの音だけでしたが、色々なラッパで音質が異なるのがまた面白いのです。やはりリアルで見て、聴いてもらうのが一番です!!さあ、展示会に向けて頑張りま〜す o(´∀`)/オ〜


   さて、毎度の金色ラッパです
   金色ラッパ病の熱が冷めず、また我慢できずに、ヤフオクで本物の蓄音機ラッパ(直径42cm)を落札してしまいました^^: 装飾が入ったラッパで、状態も良く、まあゴージャスで美しい!見惚れてしまいますすぅ。

   なのでコレはちょっと格好つけて、蓄音機型(ってイイカゲンですが)にしてみました。これもyoutube動画でご覧になって下さい。

   さあ、展示会までにあと何個作れるか!!お近くの方はどうぞ5月20・21(土日)行橋赤レンガ館での展示会にも是非遊びに来て下さ〜い。

のほほん

3月18日
のほほん木工房ヘンテコラッパがTVに(^▽^)/動画


   何とヘンテコラッパがTVに!!。来週3/21(火)にローカル番組ですが九州朝日放送「アサデス」午前7時20分頃「ドローカルニュース」のコーナーで放送予定です(事件・事故等大きなニュースが無ければ)
   早朝忙しい時間帯ですがどうぞご覧になって下さい。

   5月20・21日(土日)に行橋赤レンガ館で友人と二人で展示会をするので、その宣伝をしようと思って、TV局にヘンテコラッパの動画を投稿し、取材依頼をしたのです。すると直ぐ連絡が来て、そして今日TV局の人が来てラッパの撮影をしました。

   どの程度の放送になるのかは分かりませんが、打ち合わせを含め2時間、ラッパは糸鋸で作った一番大きなモノを中心に、工房も撮影しました。
   木工をはじめたきっかけから、ヘンテコラッパに到るまでの木工歴なども聞かれ、妻にもインタビューしながらの撮影でした。TV取材は初めてですが、木工だけでなく普段の暮らしついても色々質問、話しをしてとっても楽しかったです(⌒-⌒)。取材のSさんIさんありがとうございました。

   さて、どんな放送に、何分間の放送になるのか?全く分かりませんが、のほほん木工房のTVデビューです(^▽^)/ヤッタ。皆さんどうぞごらんになって下さい。。

   そして21日朝7:20分放送がはじまって!(^▽^)/

   妻もブログで放送を紹介しており、友人にも連絡していたので、放送が終るとあちこちからメール、電話が!!連絡していなかった方からも次々と!!さすがTV放送ですね。反響にビックリ!

   放送は3分半位とちょっと短め目ですが、笑い一杯で楽しくまとめられています。妻へのインタビューそして私の顔のアップも!!クシャクシャの笑い顔と緊張ーした真面目顔もしっかり撮影されていますア〜恥ずかしい(汗)

   CM前の超ミニ前フリと最後のキャスターさん達の感想や温かい言葉などは下の動画からは省かれていますが、最後には展示会の紹介もしっかりしてもらいました(^▽^)/ヤッタァ!

   さてそのテレビ放送は「アサデス」で放送された動画を見られるサイト(ここをクリックをご覧になってください。(もしトップに表示されていないなら、「おもしろネタ」とある所をクリックすると下にヘンテコラッパが並んだ動画が表示されます)

のほほん

ヘンテコラッパ部屋?で取材中(⌒-⌒)

ホーン直径はついに100cm!そして全高は182cmになってしまいました。もう工房から運び出すのも大変なので、そのまま撮影しました。狭く汚い工房が丸見えで恥ずかしい


上の画像をクリックして動画を見て下さい。 音楽は、黄月るなさんが歌うボカロ「ACUTE」(黒うさP)です。なんと一人3役で歌っています。どうぞ元の歌を聴いて下さい。

3月11日
ラッパ付きiphoneスタンド16(金色巨大ラッパ2)


   どうぞお許しを。また無節操・恥知らず・トンデモ・役立たず・ヘンテコ・お笑い・金色巨大厚紙ラッパです。毎度長いんだよ 

   だって大きさの割りに製作簡単・・と言ってもこれだけ大きいと、紙でもかなり重たく、強度や工作方法など問題点続出製作にちょっと手間取ってしまいました・・・また紙製だと何より安上がりなのが良いのですコレダイジ 紙のラッパなんてトンデモかと思っていたら、実は昔の蓄音機でも紙で作られたホーンがあるのです!!やはり軽いのが良いのだと思います。

   ラッパの直径はついに100cmピッタリ!(^▽^)/ さすがに紙製でも片持ち(元だけでラッパを支持)の限界ですが、何とか頑張りました。金色は染めQメッキ感覚ゴールドというのを使いました。こちらの方が輝きがさらに眩しい感じです・・ってラッパが大きいからそう感じるのかも?

   音量はさらに増大!、また音質はまろやかというより、深みが増し、決してリアルな音ではないのでしょうが不思議に臨場感を感じるのです。ラッパや音道(なんて言うのか?管です)の大きさ、形状、材質、など色々な違いで音が変わるのかとっても面白いのです。これもyoutube動画で視聴して下さい。ラッパ熱はおさまりませんよ。

   もう一回り大きいラッパを作ってみたいなぁ、とも思うのですが、製作上の問題点がさらに次々立ちはだかりそうです。特に工房から運び出せない大きさになる為、分割・組み立てできるラッパである事が必須で、難題続出しそうです。そして何より妻の目が・・・大物が並んで、もう一部屋完全に占領して部屋へも身体をくねらせないと入れない(汗)


   ところで、沢山作ったヘンテコラッパの音を、是非 生で聴いてもらいたくて小さな展示会を計画しました。5月20・21(土・日)行橋市の赤レンガ館と言う所で、写真が趣味の友人と二人で「趣味の木工&写真 二人展」をします。お近くの方、どうぞお立ち寄りよろしくお願いします。さあ、展示会までラッパつくり頑張るゾ


   も一つ・・・皆さん今日は3.11。おバカな木工をしていても、あの日の事を思い出します。6年過ぎても 原発廃炉は進まず、原発いじめなんてニュースが流れ、胸が痛みます・・・・あの時「もう日本は終りかも」なんて恐怖を感じました。でも、しかし、そんな事にはならず、多くの人々が今も真の復旧・復興に向けて頑張っている姿に胸を打たれ、勇気づけられます

   私は退職して2年が過ぎ「残りの人生、専業主夫とヘンテコ木工(それにニコ生遊び^^:)ばかりで良いのか?」と時々思うのです。自由人になって気が付かされた事も少なくありません。本当に自分がしたい事、すべき事を見つけたいのは、何も若者だけではありません。まあ、あせらず 大好きな木工をしながら、そして社会にも常に目を向けながら、今また、自分探しをしている気がします・・・こんな事を考えるのも、3.11への思いがあるからだと感じています。

   今回5月に一緒に展示会をする写真好きのSさんとは、長い付き合いですが、震災の2年後「この目で見ておかなければ!」と二人で被災地を回った友人です。彼がどんな写真を展示するのかも、とっても楽しみです。
   皆さん、色々な事にトライしながら、幾つになっても自分探しに励みましょう。って、チョットのほほんらしからぬ(汗・笑)真面目な顔になって長い文になってしまいました。どぞお許しを

のほほん

2月23日
ラッパ付きiphoneスタンド15(金色巨大ラッパ)


   さて私はインフルではなく、巨大金色ラッパ熱にうかされ妄想を巡らせております

   実はラッパの形状を考えるために、厚紙で大小色々試作していたのですが・・・・どうせ金色に塗るなら金属板や木じゃなくて厚紙でもいいじゃない!と、崇高な?木工HPにあるまじき無節操、恥知らず(汗)で、ニャンとこれは厚紙ラッパなのですヤッチャッタ なので製作もカンタ〜ン!

   でもデモ、紙製だと何より軽いのが良いのです。これはラッパ直径72cmと、相当大型ですが、とっても軽いのでラッパを保持も片持ちで楽々です。もし金属板や木で作ったならかなり重く、ラッパの外縁部分も支えが必要になると思います。

   金色はメッキ調スプレー(アサヒペン)というのを使ってみました(Sさん教えて頂きありがとうございます)これも本物のメッキとはちょっと違いますが、前回のアクリル金色スプレーより高級感がありなかないい輝きです。しかしこの塗料、乾いた後も触ると手に移り、やや剥がれ易いみたいです。で、アクリル透明スプレーで上塗りしました。

   直ぐ大型化したくなるのは毎度の単純発想ですが、ラッパが大きくなるほど音量も大きく、音質も深みを増すので突き進むのみです(笑)これもyoutube動画をご覧になって下さい。、金色巨大ラッパはどこまで行くのか・・私にも分かりませ〜ん

のほほん

上の画像をクリックして動画を見て下さい
音楽は、毎度(ずっとヘンテコ木工につき合わせてスミマセン)黄月るなさんの歌ってみたをお借りして、ボカロ古典名曲の「RIP=RELEASE(流星P)」です。どうぞ元の歌を聴いて下さい.

上の画像をクリックして動画を見て下さい
音楽は、黄月るなさんが歌うボカロ「ハジマリのオワリ」(梅とら)です。こんなお笑い木工に使うのには気がひけるような良曲なのです。どうぞ元の歌を聴いて下さい.

2月15日
ラッパ付きiphoneスタンド14(蓄音機金色ラッパ2)


   金色巨大ラッパ美しい!で、またまた我慢できず、蓄音機のラッパを落札してしまいました^^:。

   これは直径が52cmもある大型です。昔の蓄音機でも最大級のクラスみたいです。ただ、さすがに年代モノ(たぶん昭和初期頃の製作)で、あちこちに曲がり、凹み、傷、サビ、さらには穴まてあるのです(涙)、この本格的な補修は難しいので、適当に自動車用のパテで埋めて、多少目立たなくした程度です。(近づいて見ると荒が良く分かります・・汗)そして缶スプレーで金色に塗りましたが、やはりメッキの光沢のある金色とは違っていい艶が出ません。まあ仕方ないでしょう^^:

   しかし さすが52cmのラッパですから音量や音質の変化は相当です。これもどうぞyoutube動画で見て下さい。やはりデジカメの撮影ではその違いが十分伝わりません。リアルの方がずっと迫力があります。

   さてさて、金色ラッパ熱は下がりそうになくて・・・でもこれ以上大きなラッパはもう自作するしかない!!
   で、また巨大化に向かって走っております(単純ですねww)どうぞ笑ってお付き合いお願いしま〜す。

のほほん

2月1日
ラッパ付きiphoneスタンド13(蓄音機金色ラッパ)


   金管ラッパはホルンで終わり、と考えていたのですが・・ヤフオクを眺めていると 本物の蓄音機やそのラッパも出品されているのに気が付いたのです・・ホォー何でもあるのですねぇ

   木のラッパも面白いのですが、やはり金色のラッパは美しい!ですよね。で、我慢できずに本物の蓄音機のラッパを落札しちゃいました

   ラッパの口径は42cmと先日のホルン(31.5cm)よりまた一回り大きいので、音はさらに大きく、音質も深みが増しているのが良く分かります。これもyoutube動画をご覧になって下さい。

   昔の人も少しでも大きな音、良い音質を目指してラッパを巨大化させたのでしょうねぇウンウン・・・なんて変に納得してしまいます。美しいラッパの形と輝き、そして音の魅力にウットリ・・どうもヘンテコラッパ病になちゃったみたいですオヨヨ。皆さん笑ってお付き合いお願いしま〜す。

   今までに作ったヘンテコラッパもどうぞ1作目から見て下さい

のほほん

上の画像をクリックして動画を見て下さい
音楽は、黄月るなさんが歌うボカロ名曲「つきうさぎ」です。どうぞ元の歌を聴いて下さい.

上の画像をクリックして動画を見て下さい。   この支持補助棒でより安定し作業がし易くなります。それでも深削りは厳禁!何より少しづつ削る事が大切です。
1月24日
トリマーカービング小改良(支持補助棒)

   さて、相変わらずヘンテコラッパ付きiphoneスタンドを作っているのですが・・次作ラッパのための木製管を作っていて、その管の内掘りで以前紹介したトリマーカービング法を用いています。

   この私のトリマーカービングは、手彫りと比べると切削力が大きく、ノミ使いの苦手な私のとって便利な方法なのです。ただ、トリマの高速回転で発生する慣性モーメントによる扱い難さや深削りによる跳ねなど、不安定さもあり安全性などについての批判コメントもありました。

   そこで トリマーの保持具に長さ調節できる支持補助棒を取り付けてみました。この1本の支持補助棒が支えとなり、より安定してトリマーを操作することが出来る様になり、安全性も向上します。これもどうぞyoutube動画をご覧になって下さい。

   さあ、これで一体どんなiphoneラッパが出来るのか・・もうちょっとで完成するので、また覗いて下さいね。

のほほん
1月5日
ラッパ付きiphoneスタンド12(金管ラッパ3)


    皆様 寒中お見舞い申し上げます。

   今年もどうぞヘンテコ木工にお付き合いよろしくお願い致します。

   皆さん 安全と健康に留意して楽しく木工遊びに励みましょう。今年が良い年になりますように (^人^)

   さてまた;金管ラッパ付きiphoneスタンド作りです。

   ヤフオクでジャンク品の金管楽器を手に入れてラッパに使うので、製作は簡単です(^▽^)/。問題はデザインですよね・・・でもこれが難しい。

   ホルンを使ってのiphoneラッパですが、ベル(ラッパ)だけ切り取るのが可哀相、もったいなくて・・・幸いホルンはベルの口径が316mmと大きいにもかかわらず、全体がコンパクトにまとまっているので、そのまま姿を生かして作りました。それでも管がグルグル何周も回っているので、吹き口からでは高音が大きく減衰してしまうので、出来るだけ目立たない様に途中で切断し、バイパス手術を施しiphoneにつなぎました。

   やはりラッパが大きいほど音量、音質が大きく変化します。トランペットよりトロンボーン、さらにホルンと音量が増し、音色も深みが増します
   毎度デジカメ動画での録音では分かりにくいかもしれませんが、リアルでは明瞭に違いが分かります。特にホルンラッパはまろやかで、人の声が浮き出して聴こえる様な気がします。(^▽^)/オモシロイナァ〜

   さらに大きな金管楽器(ユーフォニアム、チューバ)などもありますが、ジャンク品の数も少なく、値段も高くなってしまうので、金管ラッパはこれぐらいにして・・・でもラッパ付きiphoneスタンドまだ終らないのですよ^^:また違ったタイプのモノを作ってみたいと思っています。役立たずお笑い木工はどこまで行くのか・・自分でも分かりません。まあ、もうしばらく笑ってお付き合い下さい。

のほほん

上の画像をクリックして動画を見て下さい
音楽は、黄月るなさんとBoo子さんが歌うボカロでEasyPopの「君と見た星空」です。どうぞ元の歌を聴いて下さい.

ページトップへ


2016年12月の木工日誌へ

ホームへ
inserted by FC2 system