2014年9月 「ものづくり工房 技術室」原さんの工房訪問



  
↑画像をクリックすると拡大し記事が読めます。一日1000円の見出しに目がいきますが。記者さんから言われて慌てて決めて、それが大きく載せられている事に苦笑されていました
  右はコーヒー豆を炒る機械で、炒りたてのコーヒーを頂きました。
トンボ玉つくりをされている方もおり、色々な方が出入りし、そのお世話をするのが原さん(中央)です。右はトシさんがコーヒーを炒って飲ませて欲しいと、ねだっている所です(汗)

色々な木工機械が並んでいます。あ〜〜いいなぁ

「ものづくり工房 技術室」原さんの工房訪問


  ものづくり工房 技術室さんとリンクさせてもらいました。中学校の技術の先生をされて いましたが、この春に退職し、私と同じ行橋市に工房を作られた方なのです。地域版の新聞の記事で存在を知り、先日毎度の木工遊び仲間のトシさんと一緒に工房見学に行かせてもらいました。

  工房の概要は新聞記事、そしてHP(ブログ)をご覧になられたらよく分かると思います。教員の経験を生かして、ものづくりの楽しみを地域の人に伝えたい、という思いで作られたのです。木工に限らず、色々な手作りを応援する場所として作られた工房です。
  私たちが伺った時も、トンボ玉つくり(ガラス玉ですよ)をされている方がおり、途中で地域の方が覗かれたりなど、とってもオープンな雰囲気なのです。

  私たちはまず工房の色々な機械を眺め回し、質問連発です。 トシさんは私以上に好奇心旺盛で、失礼?を省みず(汗、笑)あれこれ、ずけずけ質問、お願いするのです。興味がある機械はスイッチを入れてもらったり・・さらには、コーヒー豆を炒る機械が目新しく(トシさんが無類のコーヒー好きなので)強引にコーヒーをつくっもらい、そして試飲(汗)・・・・あれこれ楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

  原さんは、出入りする方の対応も色々しながら、あれこれ私たちの質問にも丁寧に答えて頂きました。私は木工だけでなく、色々な工作にも興味を引かれ、金工なども学んでみたいなぁ・・・と久々沢山の刺激を受けてしまいました

  さらに夜は、行橋の居酒屋に場所を変えて・・・・木工談義だけでなく、特にお互い教職を退職したばかりなので、教員生活での悩みや、さらには家族のことなども初対面とは思えず色々話し込んでしまいました。原さんの工房への思い、熱意がさらに伝わってきました。

  こんな身近に面白い、素敵な工房が出来て、これからも色々な情報交換や木交流をさせてもらおうと思います。久々の工房訪問はやっぱり楽しいですね!刺激を一杯受けて、さあ、のほほん木工房もがんばって活動するぞ〜!!

  工房訪問はトシさんのブログにも報告されています(こちらは速報ですが、私は相変わらずの遅報?です)どうぞご覧になって下さい。

のほほん

次は OYA-Gさん新工房訪問

ホームへ
inserted by FC2 system