イイカゲン木工日誌 2011年1月

今年もヘンテコ・トンデモ・イイカゲンな、 のほほん木工房をよろしくお願いします


2011年2月の日記へ


分別大型2連ゴミ箱。頼まれ物はゴミ箱ばかりなのです。

右はもう百個以上?作っている、いつものゴミ箱で、これも宿題です。
1月31日
年越し宿題(分別2連ゴミ箱)


  〜・・やっと宿題つくったど〜!!

  年末までにすべき宿題を、1ヶ月遅れでやっと作りました

  妻の宿題なら、いつもの様に?延ばしにのばして頼んだ方が忘れるのを待つ、という高等戦術で誤魔化すのですが・・。

  友人からの頼まれ物は、そうもいきません。ボール盤遊びが一段落・・いや一時封印して、やっと宿題に取り掛かりました。まあ、イイカゲン木工ですから、作り始めれば直ぐできちゃうのですが(汗)

  大きさは高さ700mm幅700mm奥行340mmと、ゴミ箱にしてはちょっと大型の、分別用2連ゴミ箱です。いつもは幅広板も、SPFを矧いで作る事が多いのですが、これ位の大きさになると、反りの少ない材を選ぶのに苦労します。
  でも今回は集成材を使ったので、扉に隙間もなく、ピッタリ作る事が出来ました。集成材も悪くないですね。適材適所かな?

  塗りは簡単ジャブジャブウレタンニス2回塗り。小さいゴミ箱は、塗りなしでトールペイント用です。

  さあ、わがまま・ヘンテコ・とんでも・イイカゲン・お笑い木工(しつこいんだよ)励むど〜!!

のほほん
1月22日
ボール盤台座と着脱キャスター


  狭い工房をどう活かすか・・・大型電動工具にキャスターを付けて、移動出来る様にしている人も多いと思います。
  私の工房も狭く、バンドソー、自動カンナ、手押しカンナなどを使うときは工房の中央に引っ張り出して使っています。これらは後ろ側に2つキャスターを付けただけの簡単方法で、手前を少し持ち上げながら動かして使っています。

  しかし、このボール盤は台座まで入れると、40kg以上!!片側を持ち上げるだけで、20kg以上の力が必要です。さらに持ち上げながらの移動となると、これは大変です!
  こんな重たいものを、それも中途半端な姿勢で、持ち上げたまま動かすなんて、腰を悪くしてしまいそうです。(もう歳なのかなぁ・・汗)

  そこで、もっと楽な方法はないか考えました。もちろん製作も簡単でなければなりません。で、色々試してみましたが、この方法が一番簡単な方法ではないかと思い、早速作ってみると・・うむ・・これならいいんでないかい

  ちょっと持ち上げて、飛び出した板を踏んでキャスターを入れれば、もう楽々スイスイ動きます。キャスターを外すのはさらに簡単で、ちょっと持ち上げるだけです。理屈も作りも簡単なので、動画をご覧になれば分かりますね。片側を楽に持ち上げる事が出来る重さ(50kgぐらいかな)の機械になら、この方法が使えると思います。

  台座の高さは27cmです。私は工房で低めの椅子に座って作業をするので、テーブル面の高さが60〜70cm位になるようにしました。これでより使い易くなると思います。これから大活躍してくれるでしょう

  さてさて、ボール盤ばかり触って遊んでいないで、年越ししてしまった宿題をしなければ!!

のほほん

いつもの様に超簡単イイカゲン製作の台座とキャスターです(汗)


JDP-12のファーストインプレッション。そして小改良は3ヶ所です。

横長動画になってしまいました。拡大した方が見やすいと思います。
1月11日
JETボール盤小改良


  年末に購入したJDP-12のファーストインプレッションと、そして早速小改良です。

  まだ十分使いこなした訳でなく、また他のボール盤を使った事がないので、他機種との比較は出来ません。しかし、最初の印象は、やはりドリルスタンドとはパワー、精度が全く違う!!・・って当たり前ですね
  もっと早く買うべきだった!

  動画で分かるように、回転数調節ハンドルを回すことで、簡単に回転数を500〜3000rpmに間で変化させる事ができます。「もうチョットパワーが欲しい。回転数を上げて綺麗に穴あけしたい。」そんな事も直ぐ出来るのはとても便利だと思います。

  また、回転数のデジタル表示ですが、わざわざデジタルで表示する必要はないのかも知れませんが、あればやはり見ますし、回転数が読み取れるのは、フムフムと納得できて楽しい?ものです。私は気に入りましたでもこのデジタル表示は、2〜3秒表示が遅れるのです。リアルタイムに出来ないのかなぁ?

  テーブルを上下させるのは回転ハンドルを回して簡単に出来るのはいいのですが、テーブルを固定するためのロックハンドルを締めるのにものすごく力が要るのです
  そこで、パイプを継ぎ足して力を入れ易くしました。これで楽に締める事が出来るようになりました。

  次に穴あけの深さを決めるデプスストッパーと目盛りですが、これはそのままでは使いにくいので改良です。
  ストッパーはナットを回して止める方式だったのですが、ナットを回すのは面倒なので、蝶ネジを締めて固定する方法に変えました。蝶ネジで締めると、互いのねじ山がくい込むので、ずれる心配はありません。
デプスゲージはネジに貼り付けてあり見難く、またインチ目盛りなので、これは剥がしました。スチールメジャーの目盛りをボディに貼り付け、指示するタイプにする事で、ずっと見やすくなりました。

  チャックの裏側にLEDライトが埋め込んであり、これもあると便利です。ただ付属のライトは少し暗いと思います。口金は一般のE26で、他の電球に簡単に変えられます。もう少し明るい電球に替えてもいいと思います。

  そしてレーザーポインタですが、こんなの必要ないのでは?と思っていましたが、あればやはり便利だと感じました。但し、調整してもテーブルの高さを変えると、ごくわずかですが、ずれてしまうので、正確な位置に穴あけする場合は、やはりビットを下げて確認する必要があります。動画ではレーザーの赤い光が、やや暗く見えますが、実際は照明を当てても、ラインは明瞭に見えます。

  最後に延伸テーブルですが、ローラーとテーブル面は段差があるので、これは使えません。さらにテーブルに材を固定する時、裏側に余計な凸凹があると、クランプで締めるのに邪魔でしかありません。これはもう全く不要!大××です!

  また、改造ではありませんが、テーブルに置いた材の固定用の簡単ジグを作りました。これなら小さい材もしっかり抑えて固定する事ができます。さらに掃除機のノズルを接続できる様にし、切り屑で穴が埋もれずいい具合です。動画を見れば分かりますね。

  このままではテーブルがやや低いので、台座を作ろうと思います。また、今後使いながら精度やパワーの確認をし、さらに改良していきたいと思っています。また、報告しますね。

  正月はこのボール盤を撫で回していて、結局宿題をやり残してしまいました

  さあ、仕事と遊びに、今年もがんばろ〜!

   のほほん
1月1日
チョイでぶユラユラ丸兎


明けましておめでとうございます

皆さん、今年も楽しい木工遊びしましょう!!

私もヘンテコ・トンデモ・イイカゲン木工に励みます!

笑ってお付き合いお願いしま〜す!

久々にチョイデブゆらゆらおもちゃを作りました。

他のチョイデブゆらゆら動物もどうぞご覧になって下さい。

今年も、動く簡単おもちゃを作るぞ〜

のほほん

材はポプラです。右はお月様に乗っていますそう見えるかなぁ


2010年12月の日記へ

ホームへ
inserted by FC2 system