おまけのページ
木工以外でスミマセン実は・・・m(_ _)m

我が家の**娘のつくった作品なのです

木工以外の作品でホントにスミマセンm(_ _)m
我が神聖なるのほほんHPに?木工以外の不純な作品をアップするのはちょっと気が引けるのですが・・・
我が家の**娘は、のほほんに似たのでしょうか、やっぱり物作りがとっても好きなのです。
実はこの春(2003年4月)、長崎にある大学にやっと入学が決まり、 寮に入る事になりました。家の中がやっと静かになるのでホットしている所なのです。 バンザイ!ヤッタア!
その**娘が「オトーサン!私の作品もホームページにのせてよ!いいでしょ!」すると妻も「そうそう、いいわね。」 と言うのです。
わが崇高なHPに木工以外の作品を載せていいのかっ(▼▼メ) ・・・とちょっと思ったのですが・・・ 家族円満!家族第一のオトーサンは「ハイハイ、わかった、わかった。」 とニコニコしながら答えたのです。
本当はのほほんの最新作のスプーンをまずホームページにアップし、それから次は・・・と遠大な構想を練っていたのですが・・・ **娘が「私が大学に行く前にアップしてヨー。」という要求に答えるべく、わが構想を延期し、こうしておまけのページをアップしたのです。
のほほん。

卵地球儀?

これは一体何かと言うと、卵に描いた世界地図(のようなもの)。すなわち卵地球儀?なのです。そんなもの他にあるのかしらん?
我が家の**娘は小さいときから物作りが好きで、特に小さいものを作るのが好きみたいです。 この卵地球儀は卵の殻の上に、マニキュアの材料を使って描いたのだそうです。
「何でこんなの作ったの?」と聞くと、「世界地図がおもしろいデショ。」とやっぱり理由はよく分かりません??? ちなみに卵地球儀の台も、真鍮の針金で作ったのだそうです。
のほほん。


小さいものと言えば、そうですドールハウスです。

何時頃からでしょうか、チマチマともかくちっちゃい物を作るのです。小さなビーズを使った指輪などもありましたが、 一番一生懸命作ったのはドールハウスです。これはものすごく奥が深いのですね・・・ とてもそこまでは行きませんが、粘土を買い、こねくり回して自己流で色々なものを作っています。
のほほん。


中学の時に作ったパン屋さんのドールハウスです

バルサ材を買ってきて色を塗って、お店を作り、その中に粘土で作ったパンを並べています。
その小ささに驚いてしまいますね。 作るときは、のほほんと同じで、熱中して作っています・・・ 親**なのでしょうが、「結構良く出来てるナア!」と思ってしまいます。(^_^;)
のほほん木工房の木工ボンド、ハサミ、ラジオペンチ、針金、等など、よく持って行ってしまいますが・・・。
のほほん。

パンの質感を出すのが難しいそうです

紙粘土で作って固まったところで、色々な色を調合し、粘土に塗って作ります。
粘土そのものに色々な色粉を混ぜてつくったり、また質感を出すために、別のものを混ぜ込んだり、 そして上から更に色を塗って作るのだそうです。チーズケーキの少しぼそぼそした質感を出すのが難しかったそうです。 残念ながら、写真では良く分かりませんね。 それからこのハートを持ったベア(ネズミにもみえるけど・・・)も良く作ったので乗せときます。 下の右端のドールハウスは1年ほど前に作った物ですが、外枠は頼まれてのほほんが作りました。

おまけのおまけでスミマセン


これはのほほんの製作です

ついでに木工以外の作品をもう一つアップさせて下さい。
1ヶ月ほど前、本屋さんで木工関係の本を見ていたのですが、 近くにあって、何の気なしにパラパラめくっていて「アアいいナア!」と思ったのが「あかりのレシピ」橋田 裕司著 と言う本なのです。
その本の中に、しゃれた手づくりの灯りがあったのです。
のほほんはホントにすぐ調子に乗るタイプで、すぐやってみたくなるのです。 これもすぐ道具を買って作りました。と言っても, そうたくさんのお金がかかりませんが・・・。
以前ですが「書道が面白そう!」と突然思いついて、筆・硯・墨を買ってホントに3日で飽きた(-_-;) という経験もあるので、 いつまで灯り作りをするでしょうか・・
木工の合間に作っています。
しかし、下手の横好き木工だけは飽きそうにありません(^o^)

作るのはそんなに難しくありません

針金を切って、曲げて、ハンダでくっつけて、中の枠を作っていきます。 ヤニの入っていない板金用のハンダでくっつけるのですが、思ったより強くくっつくのです。 そして、和紙を外側に貼り付けていくのです。和紙を貼り付ける方が手間がかかりますね。 木工ボンドを針金にたっぷりつけて、和紙をあて、筆に水をつけて針金に沿って濡らしてゆき、手でちぎっていきます。 和紙は繊維が絡んで強く、またその繊維がなんとも雰囲気があります。 しかし水をつけると簡単にちぎれるのです。
その本の中にもお月様や、ふくろうのしゃれた明かりがあったのですが、 それをまねながら、少しデザインを変えて作ったのがこの作品です。
後で知ったのですが、東北のねぶた祭りの巨大な明かりの山車(だし)も同じ作り方なのだそうですヨ。

フー、やっとページが出来ました。
「**娘ってなによ?」と言われそうです。むむむ。

のほほん。

扇風機超軽量ミニ凧

  ゴメンナサイ(^人^) ・・只今木工脱線中

  ヘンテコ手動扇風機作りに励んでいますが、一体ホントに風が吹いているのか・・・ そりゃ動画でも分からないでしょう

  するとヤマドリさんから吹流しを付けたら良いのでは、とアドバイスを頂きました。でも、ただの吹流しでは面白くないので、これでミニ凧を揚げてみようと考えました・・しかし、これがなかなか難しい!!木工ではありませんが、色々なアイデアを試しながら取り組む面白さは同じで、ミニ凧つくりにはまってしまいました。

  最初はコピー用紙などで色々試したのですが、かなり大きくしないと、また風も強くないと揚りませんし、非常に不安定なのです。ヘンテコ手動扇風機では力不足です。
  そこで更に軽量な素材で作ろうと考え、ティッシュやレジ袋(ポリエチレン)で超軽量ミニ凧を作ってみました。

  ティッシュ凧は製作過程を動画にしたので、詳しい説明は要りませんね。ティッシュ凧は縦横9cmほど、レジ袋で作った凧はさらに小さく、縦横6cmほどで、これ位小さければ縦横の骨は必要ありません。
  色々試行錯誤していますが、糸の途中に吹流しを付けると(凧に当らない長さで)、凧が扇風機の風の領域から外れにくくなります。これは動画で分かりますね。

  更に安定してミニ凧を揚げるためには、まだもう一工夫必要で、さらに試行錯誤中です。そして、次のヘンテコ扇風機も作りたい!皆さんどうぞ呆れて、笑ってお付き合いお願いします。

のほほん

簡単超軽量ティッシュ凧とレジ袋凧


ねじれ風を抑えるとミニ凧が良く揚がる
扇風機超軽量ミニ凧2

  扇風機での凧揚げは案外難しいのです。

  扇風機で作られた風はラセンを描きながら吹いています。
  小さな凧はこのねじれ風に激しくあおられてしまうので、どんなに凧のバランスをとっても、クルクル回ってしまったり、左右に暴れて風の領域から外れて、落っこちてしまいます。

  実は、先日のミニ凧が上手く揚がっているのは、普通の丸い扇風機ではなく、ファンの前にルーバー(羽板・・ブラインドの様な板)があるタイプだからなのです。このルーバーが風のねじれを抑え、流れを整える働きをしている為、ミニ凧が暴れないのです。

  しかし、何とか普通の丸い扇風機でも、ミニ凧を揚げたい!!
で、ねじれ風対策を施してみました。

  動画をご覧になって分かると思いますが、ルーバーのない扇風機では、吹流しが大きくクルクル回って暴れています。しかし、ルーバーとして厚紙を扇風機前の覆いに取り付けると、吹流しの暴れが非常に小さくなります。これでねじれ風を、かなり抑える事が出来ているのだと思います。

  この対策で、ティッシュ凧やレジ袋で作ったミニ凧も、安定して揚げる事が出来る様になりました。

  ついでに面白吹流しも作って遊んでみました
  お正月には凧揚げて〜♪皆さんも、どうぞミニ凧を作って扇風機で揚げてみて下さい

  さて、木工にもどって、次のヘンテコ扇風機を作りたい!

のほほん
扇風機ミニ凧(連凧)

  いつまで脱線しているのか・・早く木工しなきゃ、と思いながらも凧と一緒に上がりっ放し

  扇風機で揚げる室内凧なんて、既に沢山作られているのだろうと思っていたのですが、ネットで探しても見つけることができません・・ドラエモンであったそうですが(笑)
  となると、さらに色々作りたくなってしまうのです。大きな凧を作るより、製作がずっと簡単な所がいいですね。

  ティッシュ凧は軽くてよく揚がるのですが、やはりあまりにも弱過ぎます。うっかり扱うと直ぐ裂けてしまいます。
  そこで扇風機ミニ凧に使える軽い紙を調べてみました。すると軽量紙、超軽量紙など色々あるのです。でも、わざわざ買うのもなぁ〜・・と思ったのですが、さらに調べてみると、新聞の折込チラシに薄い軽量紙が使われているのです。厚さを測ってみると、普通のコピー用紙の約半分の0.05mm程しかない紙も使われています。
  これを使えば、ティッシュ凧よりさらに簡単に凧を作る事ができます。ほとんど紙を切るだけで完成です。(四隅をつまんで形状を整えます)

  早速これで10連凧作ってみました。一つひとつの凧の大きさは縦横7cmほど、全体の長さは約1.7mです。さすがに扇風機の風力は強にしました。
  回転吹流しも好評(えっホント?)だったので、3連回転型を作ってみました。他にも創作凧や、面白吹流しを考えたら楽しいでしょう。凧の世界もキリがありませんね・・

  さあ、そろそろ木工遊びに戻らないと!いやいや、宿題木工をしないと妻から・・・平穏な正月を迎えたい

のほほん

汚い工房が丸見え・・恥かしいなぁ



歌詞職人へ

トップページへ


inserted by FC2 system